スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

萌窯と花見菓子 2015年04月17日 [Life]




ちょうど一月ほど前、碑文谷にある器の店で萌窯の展示会がありました
萌窯の作家さんはご主人が成形をし奥様が絵付けをされるというお仕事をされています

私が器を好むようになったのはずいぶん古く、骨董にも魅せられた時期もあり
一時は陶芸家になっても良いかと思うほど・・・・あ、それは大袈裟かも!ヾ(;´▽`A``
ま・・・そんな時代も過ごしてきました

今は断捨離云々と友だちは言いますが・・・欲しいものはやはり欲しい。。。
碑文谷で出会ったたくさんの器を横目にお持ち帰りしたものは5寸菊皿(芙蓉手)・・・→今日は写真はありません
強いて云えば6寸が欲しかったのですが山本長左さんの6寸があるのでお取り皿にと購入

その後萌窯の器をネットで見ていたら唐草端反湯呑にキラッ
湯呑よりも小鉢として使うほうが多そうなちょっと洒落た朝顔形
こちらを制作依頼でお願いしましたら注文を出したばかりだそうな・・・・・
待つこと3週間・・・運よく私のところにやってきました


萌窯@湯呑


わが家の器たちはお友だちが陶芸をされているので何かしらが必ず食卓に登場します
お皿も小鉢も大鉢も、時にはすり鉢も出てきます
釉薬はこれがいいな、と・・・そんな注文も叶えてくれる頼もしい友だち
ただ・・・染付けはなさいませんので唯一の器買いは呉須の美しいものに手が行きます



今日のタイトルに花見菓子とありますがこの上生菓子をのせたマットな細長い器はワタシ作。
以前にも「梅の甘煮」に登場していますが10年以上使い続けていますの。。。( *´艸`)♪


上生菓子

上生菓子は 鶴屋吉信 でございます

ベランダから見える最後の桜を見納めしました。。


スポンサーサイト

木もれ日の森  桜・・・桜・・・桜・・ 2015年04月02日 [Scene]




木もれ日の森の桜・・・今が見頃を迎えました
例年同じようなことを記しますがここの森の桜は”芝生の広場”のど真ん中に紅枝垂れ桜が2本あり
その広場のあちらこちらに山桜の大木が何本もあります


2015komorebishidare1.jpg





2015komorebishidare2.jpg



ここはソメイヨシノがない分、山桜の凛とした美しさと紅枝垂れ桜の濃紅が目を惹きます
落葉樹の多い森にコゲラやウグイスの声が響き早朝の静寂な佇まいに足を踏み入れました

・・そう・・・・ここは人がほんとうにいないのです
もう少し開花が進めば桜を愛でる人が増えるかもしれませんが
校庭ほどの広さを有する芝生の広場
ご近所の方のウォーキングやワン子の散歩・・・はたまた幼稚園児のお散歩に出会う程度。。
独り占めする時間は一日に何度もあります


2015komorebi2.jpg


山桜は同じようにみえても全部種類が違うようです
紅枝垂れが満開を迎えれば一層の華やぎが見えそうです


2015komorebi1.jpg





2015komorebi3.jpg



明朝・・・・ 紅枝垂れ桜はどれくらい開いているでしょうか・・・・
雨の心配はなさそう・・・( *´艸`)


2015komorebi4.jpg



 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。